FC2ブログ

: 隠里)ペットボトルはカラスのおもちゃ

    
 2018.11.1-4 記

 先週、ペットボトルの胴体部分を地面にさして、虫よけになるかどうか、実験を始めたが、
 何とペットボトルが抜かれて、しかもくちゃくちゃにされているのもある。

 リスにこんな真似は無理でしょうから、カラスでしょうね。
 今日も、近くの木の枝でうるさくしながら、こっちのやることを見てる。

 前回ここに来た後、他の方はだれもここを開けていないようだ。
 10月25日のまま。

 010DSCF8353.jpg 020DSCF8356.jpg

 先週被せたワラの位置、少し変わってる。 さては。

 030DSCF8359.jpg 040DSCF8360.jpg

 種の周りに差し込んでおいたペットボトル。
 引き抜かれている。 キラキラ好きのカラスでしょう。

 050DSCF8361.jpg 060DSCF8363.jpg

 抜かれてないのもある。 抜かれていてもちゃんと双葉は出ている。

 070DSCF8366.jpg 080DSCF8367.jpg

 この時期、虫も少なくなったので、蒔いて ── 鳥除けにワラや枯草を被せておけば ── そのままでいいのかもしれない。

 090DSCF8369.jpg 100DSCF8371.jpg

 しかし、それを確かめるためにも、もう一度 ── 目立たない茶色をした ── 底を抜いた紙コップを使ってみた。

      110DSCF8373.jpg

 蒔いたのは、10種類の種を混ぜこぜにして。

      120DSCF8372.jpg
 130DSCF8265.jpg 140DSCF8358.jpg

 目立たぬよう、ワラをかぶせて、風で飛ばないよう竹を乗せた。
 来週が楽しみ。

 150DSCF8388.jpg 160DSCF8391.jpg
   
スポンサーサイト

テーマ : 生きる力
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくG(福市良次)

Author:ふくG(福市良次)
  -----
 経済も、政治も、社会保障も、企業も、環境も・・・、全てが崩壊前夜! かつて社会が崩壊した時に生き残って来たのは、里山で地道に生きていた人。
 里山生活を考えてみる/実践してみる。それしかない。

リンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR