FC2ブログ

: 散策)去年は出会えなかったが、やっぱりヒグラシのコロニーだった

   
 2018.7.31-4 記

 ナツアカネだか、アキアカネだか。 それともウスバキトンボだか。
 家の前を一定の速度で円を描いていたので、焦点適当に定めて、振り回してみたら写った。
 最近は「 虫だ 」と思うとすぐ撮りたくなる。 そんな風になってしまった。

       010DSCF4907.jpg


 一昨年だったか、三年前だったか。
 桂台から散在ヶ池に抜ける山道で、ヒグラシが湧きたつように木の幹の根っ子の方から飛び立った。

 020DSCF4916.jpg 030DSCF4920.jpg

 去年はなかったので、一時のことかと思ったら、今年も居る居る。
 一匹は、身体にぶつかってきた。
 羽化してすぐはオスでも鳴かないものか、ただ、飛び立つ羽音がするだけ。

 040DSCF4927.jpg 050DSCF4929.jpg
 060DSCF4936.jpg 070DSCF4938.jpg

 このあたりはクロアゲハでなく、オナガアゲハが多い。
 今日は、ニホントカゲによく出会う。

 090DSCF4942.jpg 100DSCF4944.jpg

 これはジャノメチョウ? これもここらに多い。

      110DSCF4945.jpg


 なんでもない、落とし物。
 だけど、落とした子どもやお母さん。 落とした時の状況などを想像すると、つい撮ってしまった。
 虫を撮りたくなるのもそうしたことかな?

      120DSCF4947.jpg
    
スポンサーサイト

テーマ : 生きる力
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくG(福市良次)

Author:ふくG(福市良次)
  -----
 経済も、政治も、社会保障も、企業も、環境も・・・、全てが崩壊前夜! かつて社会が崩壊した時に生き残って来たのは、里山で地道に生きていた人。
 里山生活を考えてみる/実践してみる。それしかない。

リンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR