FC2ブログ

(6/8) 文部科学大臣様、発想力の貧困ですよ! : プログラミング体験ないと情報技術が社会を支えていることを理解できないのでしょうか

 
 2018.7.23-4 記

      サーバ室見学

 プログラミング体験の目的の一つに、
 『 プログラミングの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付くこと 』
 があるのだそうです。
 子どもさんたちに、自治体などの幾つかの情報処理室を見学いただくだけでは、情報技術の役割が理解できない、ということでしょうか。
 導入失敗事例を教えていただければ、コンピュータ処理の得意・不得意分野も分かるはずです。

 プログラミング体験がどのように関係するのでしょう? こじ付けとしか思えません。
 プログラミング技術は、情報社会を支えている技術、ノウハウの本の一部です。

      00キャンペーンにご協力
    
スポンサーサイト

テーマ : 生きる力
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくG(福市良次)

Author:ふくG(福市良次)
  -----
 経済も、政治も、社会保障も、企業も、環境も・・・、全てが崩壊前夜! かつて社会が崩壊した時に生き残って来たのは、里山で地道に生きていた人。
 里山生活を考えてみる/実践してみる。それしかない。

リンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR